シミ・肝斑用の化粧品はメラニン対策とホルモンバランスに注目を!

肝斑用化粧品はどれだろう?

シミと肝斑の悩みはメラニン対策+女性ホルモンバランスの改善で解消

肝斑用のスキンケア化粧品で有名なトラネキサム酸配合の薬用美白化粧品ですが、これは肝斑を発生させるメラニン生成前の状態に働きかけるものです。

しかし、トラネキサム酸には肝斑の発生に影響すると言われる女性ホルモンの乱れには作用しません。ですから、肝斑を根本から対策するなら崩れてしまった女性ホルモンのバランスを整えることを考えましょう。

崩れた女性ホルモンのバランスはプラセンタで整えましょう

アンチエイジングなど美容に注目を集めているプラセンタ。プラセンタは美容と健康に役立つ成分が豊富です。その中に、女性ホルモンを整える作用を持つ成分や、メラニン生成を抑制するもの、肌の新陳代謝を促す働きをするものなど、シミ・肝斑の発生や予防に役立ちます。

毎日の念入りなスキンケアはシミと肝斑を増やしていた!?

肌の老化をストップさせたい!美肌になりたい!と毎日丁寧にたくさんの化粧品を肌に塗りこんではいませんでしたか?シミと肝斑の発生原因に共通するのが「肌への刺激」です。シミと肝斑を改善させるには、肌を触りすぎないこと=シンプルなスキンケアがベストです。

プラセンタ配合のシンプルスキンケア化粧品 こちら オールインワン化粧品

シミと肝斑のケアに良い化粧品がオールインワン化粧品である理由

肝斑もオールインワン化粧品でシミ・くすみ 美白ケア

オールインワン化粧品が美白ケアに向いている3つの理由

肌への摩擦が減らせる

洗顔後に1ステップだけのスキンケアなので、肌のお手入れで何度も肌をこする回数が激減します。肌を触りすぎないことで肌をいたわります。

美容成分が豊富

オールインワン化粧品は化粧水、乳液、美容液、クリームの機能を持っており、美容に人気の成分や保湿・保水効果の高い成分も充実しています。

経済的なので美白ケアが長く続けられる

美白ケアは肌のコンディションを整えていくことが重要です。肌の新陳代謝によるターンオーバーを繰り返しながらシミと肝斑の改善を目指します。よって、長期間のスキンケアが必要です。オールインワンなら化粧品のコストを安く抑えることができます。

プラセンタ配合のコスパの良いオールインワン化粧品 こちら メディプラスゲル

シミと肝斑に良い化粧品として選ばれるメディプラスゲルのメリット

30代 40代 オールインワンジェル

メディプラスゲルがオールインワン化粧品の中で美白ケアに選ばれる理由

シミと肝斑ケアに役立つプラセンタ配合

保湿中心のオールインワン化粧品が多い中、メディプラスゲルはさらにプラセンタを配合。肌の老化対策に魅力的なスキンケア製品です。

製薬会社と共同開発!安全な国産原料使用

厳選した安全な国産原料を使用することがモットーの製薬会社、(株)サティス製薬と約2年間をかけて研究開発。敏感肌や肌が弱い方でも使える化粧品として開発されました。

62種類の美容成分と浸透力の高い美肌温泉水

保湿・保水効果を高めるため、高濃度セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンCを配合。合計62種類の美容成分で美白の大敵「乾燥」から肌を守るケアに役立てます。さらに、化粧品にとって重要な美容成分の浸透をより高めるために発見したのが温泉水。日本一とも言われる浸透力を持つ「美肌の湯」、「玉造温泉水」を使用しています。

初回限定1ヶ月あたり\1,498で始められる美白ケア こちら メディプラスゲル

シミも肝斑も化粧品でスキンケアするなら簡単なほうがいい

ポンプ式の容器なら使いやすい

よくあるオールインワン化粧品はクリームタイプもジェルタイプもジャー容器に入っています。蓋を開けて中身をすくって、蓋を閉めて・・・と手間がかかりますが、メディプラスゲルはポンプタイプのオールインワンゲルなので使いやすく、ストレスフリーです。

ポンプタイプのオールインワンゲルなら清潔

フェイスクリームの使い方は人それぞれですが、指で取るにもスパチュラを使うにしても、気になるのは雑菌の繁殖です。押すだけで出てくる化粧品なら衛生的に使えます。

使いやすいコスパの良いオールインワン こちら メディプラスゲル

アラフォー世代になると、メラニンによるシミだけではなく肝斑の悩みも出てきます。美白化粧品というと、紫外線を浴びてできるメラニンのシミを薄くするものが多く、肝斑のほうはケアできていません。顔のシミはもちろん、肝斑のシミも同時に改善させたいな、という方におすすめなのが「プラセンタ」です。

プラセンタというと、雑誌やテレビCMなどの広告で年齢肌の若返りとかハリを取り戻すなどの効果やサプリメントのイメージがあります。 プラセンタは飲むサプリメントだけではなく、注射や皮膚に塗る方法があり、化粧品にも配合されているものがあります。 プラセンタの成分には身体に欠かせないアミノ酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などの栄養素が含まれています。 他にも、新陳代謝の促進や抗酸化力の向上などエイジングケアに役立つ成分が含まれており、プラセンタの美容効果が注目されています。 では、プラセンタはシミや肝斑にどのような効果があのか?なぜ美白効果があるのでしょうか? まず、日焼けによるシミについて。プラセンタはメラニン色素を生み出す物質の働きを抑えること、メラニン色素の黒化を防ぐこと、新陳代謝の活性化でメラニン色素を排出すること、これらの働きを持っているので、紫外線を浴び、日焼けによるシミの美白に役立ちます。

次に肝斑によるシミについて。30代から40代の方に多く出現する両頬に広がるの薄い茶色のもやっとしたこの肝斑は女性ホルモンの影響を受けています。プラセンタはこの女性ホルモンのバランスを整える作用を持っているため肝斑の改善に役立つ効果があります。また、肝斑の発生のきっかけとなるのが、紫外線や皮膚に刺激を与えて炎症を起こすことであると言われており、プラセンタによる炎症の鎮静や新陳代謝を促す作用で肝斑の発生と対処に役立ちます。

肝斑ができる原因の一つが「肌をこすること」です。毎日のスキンケアで顔をたくさんこすっていませんか?肌のお手入れをし始めてクレンジング、洗顔、化粧品、乳液、美容液、クリーム、パックといろいろ使っていたのでは?メイクアップで化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、パウダー、チーク・・・顔の皮膚をこすっています。さらに、30代、40代にもなると、顔のしわ・たるみが気になってリフトアップのためにフェイスマッサージをしたこともあるのではないでしょうか? これでは肝斑の対策をしようと思ってもうまくいきませんね。 ですから、できるだけ顔を触る回数を減らすしか方法はありません。 メイクアップの方は仕上がりの好みがあるのであれこれ減らすことは難しいかもしれません。しかし、スキンケアの方は複数の肌のお手入れを1ステップに削減することができます。それがオールインワン系の基礎化粧品です。この化粧品は洗顔後に1ステップだけで済むので肌をこする回数が大幅に減らせます。オールインワン化粧品は化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を果たすものです。1ステップで4つのスキンケアができます。 肌への浸透の良さを追求し、敏感肌の方も使えるよう肌に優しい防腐剤フリーの化粧品です。オールインワンゲルの中でも低価格であることからスキンケアを続けやすく人気です。

Copyright © シミと肝斑に良い化粧品はどれ?ホルモンバランスに注目したこれ All rights reserved